« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

YAKOの肺腫瘍日記2

3月25日、広島の病院に行きました。

先生は、やたらと、検査と、手術の日程を決めようとするのですが、

実は、前日の夜、大阪の友人に相談(彼女のご主人様はドクター)。

彼の友人で、肺の権威がいらっしゃるとのこと。

もう、「これだ!」と、直観。

一応、広島には行ったが、大阪のスーパードクターにお願いすることに決めた。

超有名な方なので、なかなか、お会いするのに、時間を要するが、仕方ない。

AYAの荷物がなくなった家で、一人、強弱の心と戦いながら、今日も、忍耐の日であります。

| | コメント (2)

YAKO

| | コメント (0)

YAKOの肺腫瘍日記

3月15日、胃が痛くて、病院へ。

翌日、胃カメラ予約と同時に、「そうだ、!先生、!私、肺のレントゲンって撮ったことないから、撮って~!」と、かる~い調子で・・・。

そこで、見つけた肺の影(-_-;)

その場で先生は、CTのある病院を予約。

3月16日、CTスキャン。
やはり、いや~な、影。
別の病院で、またまた検査を勧められた。

けど・・・。ここは、岩国。言っちゃ悪いけど、信用のおけるお方は私の知る限りいらっしゃrない。

即、広島のセカンドオピニオン。

3月18日、何も摂らずに病院へ。
わお~!見るからに、癌の患者様たちが、たっくさん!

そう・・・。ここは、癌の専門の病院で有名なのです。

多いったら!待ちに待ち、ようやく私の造影剤を入れてのCT検査。

その結果待ちが長い長(-_-;)

その間、なんと、姉が来てくれた。彼女も、患ってるのに。帰っていいよって言うのに、一緒に待っててくれた。

結果は・・・。

やはり、腫瘍あり。

この多忙な時期になぜ!!

AYAの引っ越し、入院、ライブ。どうしよう・・・・・・・・

とりあえず、AYAの引っ越しを前のりにして、それを片付けた足で、入院か?

身内、看護師の友人、インターネット、いろいろ調べるが、

ライブは皆が反対する。

でも。。。。

私は、やめたくない。。。。

さて。。。。

この続きは、3月25日に、もう一度、先生と相談して決めることに。

癌?負けないよ~~~~~~~だ!

| | コメント (2)

AYA19歳

Img_0003新しい出発の時。普通は20歳で振袖着て成人式!ですが、正式には、19歳で、振袖を着るのが、正しい伝統だそうです。こんなに大きくなっちゃって・・・。って、感無量です。

しっかりと、地に足をつけて、今後も頑張って生きていってほしい・・・と切に願います。


| | コメント (0)

大野えりライブ

Eri

| | コメント (0)

Aya卒業

Aya卒業

Ayaの、卒業式が、無事に1日に、終わりました。

彼女が、生まれた時に、思ったものです。
(この子の18年後ってどんなんだろ)って。

いま、その時を向かえ、走馬灯のように、これまでの事が、思い出され、感無量でした。

その後の謝恩会。
決して、恵まれなかった彼女ら生徒たちの為に、せめてもの、はなむけ。

演奏しました。

決して、良い演奏とは言えなかったけど、
Ayaは、号泣。
(親の演奏で、こんなに泣くなんて考えてもなかった)って。

Ayaはじめ、未来の宝物たち。

私の言葉が、いつの日か、何かの折に触れて、思い出して、人生を、勝ち抜いてもらいたい。

羽ばたけ!

愛しき子供たち!

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »