« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ホテルかんこう JAZZらいぶ

岩国市で、歴史ある場所に存在感ありありの、〔ホテルかんこう〕にて、イベントライブ★

短いライブでしたが、

トランペットでは、超新星!の河村貴之氏!と岡山の重鎮!山本ひろゆき氏!とのコラボは、とっっっっっっても楽しいひとときでした!

お客様はとある(?)方々。

でもでも。

皆さんで盛り上がって盛り上がって(笑

今日はAYAが帰省してるのを、振り切って、出かけたライブ★

娘に会いたい気持ち。当然ありますが、

ここは私もプロ。

その時間は、母親ではなく、一ミュージシャン。。。。

これがわたしの使命だと、全力で、音楽に徹する事ができた。そんな自分が、ちょっと自慢だぞ~!

娘は娘!私は私!そんなことを肝に命じたことのできた今日に感謝!

言うまでもなく、河村氏、山本氏、スタッフに、感謝です。

ちょいと、日々のばたばたに翻弄されてましたが、やっぱり私。

自らを常に奮い立たせて、前進前進!とまた思いました。

皆々様、ありがとうございました!

横浜から来られた方からのサインとCDを送る約束は、必ず、守るよ★

| | コメント (2)

高校寮生活、子離れ親離れ。

AYAと今日、離れた。

入寮したのだ。

3日前から、毎日、せっせと荷物を買い、ひたすら、準備に没頭。

複雑だった。

自分も、高校から、親元離れ、生活した身。寮の厳しさは充分わかってる。ホームシックにもかかった。先輩が厳しかった。友達とも喧嘩した。寮母は、異常なほど怖い。掃除、洗濯、キリがないほどの苦しみを忘れてない。

だけど。

それ以上のものを、吸収し、頑張った高校の寮生活。当然、今となっては、〔栄光〕の日々。

最高の友人を得たのもこのころ。

けど。

子が親と離れる気持ちと、親が子を手放す気持ちは、180ド真逆。

AYAは、前しか見てないもん。

私は・・・・・。

2600グラムのAYAからなにも変わってない。走馬燈の様に、16年間が蘇る。

言いたくないけど、母子家庭だった、一人っ子だったこともあって、あの子が分身だし、あの子が生きる源だった。

きっと、これからも変わらない事も知った。未だ健在(日々病院通いだけど)の母の今の私に対する気持ちは、私にはわからない。

そう・・・・・、ずっと親なんだ。親って、バカで、頑張ってて、いらぬ心配して。それを一生続けるんだ。って、今回学んだ。

ホントに寂しいけど、時が来たんだと、AYAの幸せの為なんだと、刻まなきゃ!

そして、私は、いつかの為に、今日も明日も、弾いて歌って。

でも、今日だけは、ちょっと、お酒が進みます・・・・・・・

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »