« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

日米交流

日米交流
学校にベース内の小学生を招き、交流した。
子供たちは、早いね〜すぐに仲良し★

あっという間の一時でしたが、


楽しかった〜

| | コメント (0)

母娘ジャズ

母娘ジャズ
昨日付けの新聞に掲載された記事。

このタイトル、気にいった!

取材の時に聞かれた質問がこんな風になるんだ〜

物書く人って、すごいなあ。

いずれにせよ、Ayaさん、
これを糧に頑張って欲しいわ★

皆さんありがとうございました!

| | コメント (5)

カラオケボックス、ハッピーランド★

カラオケボックス、ハッピーランド★
カラオケボックス、ハッピーランド★
カラオケボックス、ハッピーランド★
カラオケボックス、ハッピーランド★
ここは、岩国中心街にある。

シダックスや有名カラオケボックスを全く意識してない(?)このお店。

あり得ない値段にも驚き、音響はきっちりUGAです。

店長は私たちがワイン持ってるのを、見つけ、[あー、ワイングラスの方がええかねえ、]と手に持ったビアグラスを引っ込めようとする心使い(汗


しばらくして

モコチャンは外で何やら話してる。

(知り合いにでも会ったのか?)

部屋に帰ってきたモコチャンの手にはミカンが2つ。

店長からだって(笑

不思議にして、

岩国ならではの、カラオケボックス、ハッピーランド★


ぜひ、お試しあれ!

| | コメント (0)

痛いよぉ〜

痛いよぉ〜
キー。

遂に手術して

帰ってきました。

つらそう。


そりゃそう。

人間ならば、大大大手術。

痛いね。


不安で痛かったね。

モコチャンに聞いたら、3日したら、嘘みたいに元気になるって!

[あたし。辛いわ。]
って、全身で現すキー。

ガンバレ!

| | コメント (0)

続恒例ディナーショー

018 一部の画像しかありませんが・・・。017 たっくさんの出演者さんプロ中のプロ演奏、感謝感謝019

021 021_2 023

| | コメント (0)

恒例ディナーショー

恒例ディナーショー
恒例ディナーショー
昨夜は恒例のディナーショー。

ゲストのノッキー&タイゾウ、
素晴らしい演奏してくれました!

Aya…
実質デビュー演奏させていただきました。

これまで、母娘の苦労を知ってらっしゃるお客様の目からは涙が…
こんなに温かく見守って下さって生きてこれた事に、お礼の言葉がないくらい。

トクサン。
いつも私のサポートしてリズミカルな演奏にしてくれた。


外国人ゲスト総勢13名。
盛り上がりました。


そして、寒い中、来て下さったお客様。


本当に本当にありがとうございました!

写真はリハーサルの現場と、控え室でハイテンションのAya(汗

けど、本当に奴は私より何倍もエンターテイナーかも…

良かったよ〜

| | コメント (3)

お気楽ネコ

お気楽ネコ
明日のショーの最終準備。

お席の番号や、タイムスケジュール、お客様リスト等々、
最後の印刷していて、

ふと。

そばで見つめるキーに

切れ端を付けました。

本人。

さして気にならないのか。

寝てしまった。


緊張してるAyaさん★

キーを見習って早く寝ましょ!

| | コメント (0)

今度のディナーショー

日曜日にせまった恒例のディナーショー★

早い段階でチケットが完売となり、この時点で、もうウルウル(涙

会場が狭かった?という意見があがった。けど、スタッフみんな、次の瞬間には、真逆の意見になった。

【これでいいんだ。ここだからいいんだ。】と。

練習だけじゃなく、体のメンテナンスも同じくらいの時間をかけなきゃボロボロになってしまうお年頃になったYAKOですが、GUESTのお一人お一人、共演者、スタッフさんの事を考えたら、まだまだ!余念なくいそしんでます。

アクシデントで、急遽出演不可となった共演者に代わり、最大の助っ人(?)といいますか、素晴らしい音楽家たちが、こぞってくれます。
アイデアをくれたお客さんのリクエストにも、なんとかお答えできそうだし。

ホントに面白くなりそうな予感★

前日は、コラーゲンでも取った方がいいか?

| | コメント (0)

別れた意味、再会した意味

別れた夫に会ってきた。

AYAの事で会わなきゃならない事があって。

もう何年も会っていなかったから、どっか気構えて行った。

ドキドキまではいかないけど。

ドアを開けるまで、いろいろ錯綜した。

(無茶苦茶、変わってたらどうしよ・・はげたとか、超メタボとか。)って。

その顔もその体つきも変わらなさすぎ、くらい、変わってなかった。いつものあの人の良さそうな笑顔だった。体は昔と同じ、野球選手みたいな。ほっ^^^^

たわいもない話しから、互いの家族の近況、仕事、いろいろ話した。
AYAの話しが一番長かった。

AYAの事を話す私。それを黙って聞く元夫。

私の中で衝撃が走った。

AYAが生まれて15年。男性で、こんな顔しながらAYAの事を聞いてくれる人はいなかったから。

今になって初めて思い知った。

この人。たった一人のAYAのお父さんなんだって。

帰りながら、車の中で、何故だろう、涙がちょっと出た。

何故だろう。

答えは今ひとつわからないけど、一つ言えることは。

〔この不思議な気持ちも、なんでもかんでも、音楽にぶつけよう〕

かな。そしたら、別れた意味も、これからの意味も、全て意味あるっていう方程式が成り立つもん。

1+1が2にならない考え方も、身につけたいなあ・・・・・・・。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »